横浜市の病院での不審死事件、被害者は二人!?

先日横浜市の大口病院で入院していた方が中毒死した事件で

同じ病室に入院していた方ももう一人中毒死していることが分かりました。

調べによると、点滴の袋には穴が開くなどの異常はなく

点滴の下の部分にあるゴムの栓の部分に注射器を使って

入れている可能性が高いとみている。

遺体の司法解剖の結果、体内から界面活性剤が検出されています。

Leave a Reply