8月 2016 archive

体操男子個人総合で、内村選手が金!!

今朝早朝、リオデジャネイロ五輪の体操男子個人総合で

内村航平選手が、金メダルに輝きました!

内村選手はロンドン五輪でも金メダルを獲得し、

今回で2度目、日本人では44年ぶりとなる

2大会連続金メダルという快挙を遂げました。

予選では2位でしたが、最後の鉄棒の演技で逆転し

0.099点差という僅差で逆転1位となりました。

この後、種目別もあるのでさらに期待が高まりますね。

リオ五輪、卓球の愛ちゃん好調

先日から南米ブラジルのリオデジャネイロで開催されている

オリンピックの卓球女子シングルスで、福原愛さんが好調です。

昨日も、北朝鮮の選手との試合を見ていましたが、

冷静に相手の動きを読んで、相手のミスを誘うスタイルのプレイで

落ち着いて集中して相手に向かっていました。

彼女が今までの卓球人生の中で、経験してきたこと全てが

ここで実を結んだ、まさにそのような試合でした。

この後も、冷静さを保ちつつ集中して試合に臨んでほしいです。

体操男子団体、日本が金メダル!!!

今朝早朝にリオデジャネイロ五輪で、

体操男子日本が金メダルと獲得しました。

予選では4位通過と思わぬ事態になり

体操選手としては避けたいと言われるあん馬からのスタートになり

不安もありましたが、そんなものを一気に払拭するような

勢いのある素晴らしい演技の連続で、

悲願の3大会以来となる金メダルを獲得しました。

イチロー選手、記録樹立!!!

先ほど速報が流れました。

アメリカのメジャーリーグで以前から様々な活躍を続けておられる

ロッキーズマリーンズに所属するイチロー選手が、

メジャーで通算3000安打を記録しました。

この記録はメジャー史上30人目ということです。

この快挙に、両チームの選手、ファン共に会場中の人々が

称賛の拍手を贈りました。

リオデジャネイロ五輪、日本選手が続々とメダルを

昨日始まったリオデジャネイロ五輪ですが、

出だしはサッカーや女子バレーボールが黒星スタートとなり

残念だったのですが、日本選手のメダル獲得がありましたね。

柔道男女での銅メダル獲得に続き、

競泳男子400mで金メダルと銅メダル

重量挙げ女子48キロでも銅メダルを獲得しました。

今後のメダル獲得も注目したいですね。

広島で71回目の平和祈念式典

今日は広島に原爆が投下された日です。

そこから71年の月日が過ぎましたが、平和記念公園にある

原爆ドームや資料館の数々の遺品は当時の悲惨な状況を

今もなお伝え続けています。

昨年私もこの地を訪れ、直に目にしてきましたが

やはり平和のありがたさと、戦争の愚かさをひしひしと感じずには

いられませんでした。

広島市長は今日の式典で、先日アメリカのオバマ大統領が訪れた時の

「核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」

という一節を引用し、平和に向けて努力し続ける決意を述べました。

先日、北朝鮮から発射されたミサイルは

先日、北朝鮮から日本海に向けて発射された中距離弾道ミサイルノドンは

日本の秋田県沖250kmの排他的経済水域に着弾したことで

これまでの北朝鮮のミサイル発射と比べ、

より挑発的な行為として、北朝鮮に対し遺憾の意を示している日本は

アメリカや韓国と協力し、北朝鮮に対し制裁を検討するとしています。

 

京都の老舗中華料理店でボヤ!?

昨日夜、京都の有名老舗中華料理店の地下一階にある変電室で

ボヤがありました。

どうやらその原因は、ヤモリが配線に触れ感電したことのようで

消防が調べています。

ヤモリによる漏電事故は実は南の地域ではよくある話のようで

エアコンの室外機などはヤモリが入り込まないようにカバーを

設置しているそうです。

しかし、それ以外に地域では今までそのような火災は起こっていなかったのが

昨今の温暖化の影響か、ヤモリの数にも変化が現れているのかもしれません。

 

ブラック部活って何?

昨日テレビを見ていたら気になるワードがありました。

ブラック企業とか、ブラックバイトというのは

今までも耳にしたことがありましたが「ブラック部活」とは…

夏休みなどの長期休暇でもほとんど休みなく活動する部活

のことを指しているようですが。

部活があるということは、その顧問の先生も休みなく学校に行く

ということになります。先生たちはほぼボランティアで無給で

部活に関わってくださっています。

その部分を指して「ブラック」というようですね。

中にはそのせいで家庭が崩壊してしまった先生もいたり

プライベートにまで影響が出ていることが問題になっていて

先生自身で、部活に関わるかどうかという選択が出来るように

改善してほしいと文科省に掛け合っているようですが

その回答は現状を変えるような要素がなかったということです。

先生にも少し余裕が持てるように変わっていくといいですね。

小学校高学年でいよいよ英語が教科化へ

文部科学省は、現在学習指導要領の改訂に向けて作業をしていますが、

この中で、小学校5・6年生で英語を教科化し、3・4年生で

外国語活動を取り入れ、英語に親しめるように改定することを決めました。

今、子どもたちの学習環境は劇的な変化をしています。

実際の現場では、その対応に右往左往というのが現実で

今回のこの改定も、現場で実際に定着するまでは

時間が掛かるのではと感じます。

必要なものを勉強するのですが、現場の先生たちの負担が

急激に増えないように対策することも並行して行ってほしいと思いますね。

1 2 3 4