フランス北部の教会でまたテロが

フランスの現地時間26日の午前に、フランス北部ルーアンにある

カトリック教会に、ISを名乗る二人組が刃物を持って立てこもり、

教会内にいた人5名を人質にしました。

警官隊が駆けつけて犯人2人を射殺しましたが

教会の司祭が首を切られて亡くなり、男性一人も刺されて重体となっています。

 

Leave a Reply