エコノミー症候群を予防するために

熊本・大分での地震から1週間が経ちました。

被災地で避難をされている方々の疲労もピークにきているようです。

避難所や、車の中で休まれている方々のエコノミー症候群が

問題となっています。

すでにそれが原因とみられる死者も出ています。

足から戻ってくる血流が悪くなり、血栓ができ、それが剥がれて肺や心臓、脳の血管で

詰まってしまうエコノミー症候群ですが、

予防するために、こまめに身体を動かすようにしたり、

ふくらはぎを軽くマッサージすることが大切だそうです。

椅子に座った状態、または寝転んだ状態で片方の足のひざに

もう片方のふくらはぎを軽くこするように上下してマッサージするのが

血流をよくする効果があるようです。

是非、実践して病気を予防してください。

Leave a Reply