ベルギーの自爆テロ、日本人が重症

22日の朝、ベルギーの首都ブリュッセルの通勤時間帯に起こった

空港と地下鉄での自爆テロ事件で、

日本人の重軽症者が出ていることが明らかになりました。

2人いるうちの一人は脳にダメージを受け、意識がなく

集中治療室での懸命の治療が続いているということです。

もう一人の方は軽症というものの、地下鉄で事件に遭遇し、

いきなり地下鉄構内の天井が落ちてきたとマスコミのインタビューにも答えています。

そんな中、昨日トルコ当局に日本人男性が捉えられました。

彼はISに戦闘員として参加するためにシリアに入国しようとしていたと見られています。

 

Leave a Reply