建築業界は一体どうなっているのか!?

横浜のマンションの杭のデータ偽装で揺れている建築業界ですが

旭化成建材とは別に6社、22件の建築物のデータ流用が発覚しました。

杭工事の7割を占めるこの7社による不正は大きな波紋を呼びそうです。

この22件については早急にその建物の安全性の確認がされるそうですが

これだけ不正が横行している建築業界は一体どうなっているのでしょうか?

家やマンションを購入しようとしている方々は今後、何を信じればいいのでしょうか?

不正を明らかにするとともに、今後このようなことが起こらないような仕組みが

ちゃんとできることを望みます。

Leave a Reply